人気ブログランキング |

六三四の柔術日記 bjjjam.exblog.jp

国分町で爆発的景気を体感

今回の出張は、仙台⇒秋田への流れ。

まずは少しは落ち着いたようだけど、
爆発的に景気が良くなっている仙台は国分町を視察。

c0017046_16182563.jpg


なるほどなるほど。
通りの写真はちょっと取れないけど、アンドン位はいけるだろうとパチリ。

歓送迎会シーズンってコトをプラスしても、かなりの人出。
っていうか、月曜日なのに凄い人出

週末には通りに人があふれ、文字通りお祭り騒ぎになるらしい。

サラリーマン、学生、復興作業関連の方たち。
とにかく大勢の人でにぎわってました。


c0017046_16184788.jpg


こちらの写真は、仙台の果物屋「いたがき」さん
イチゴのシーズンなんかは、店の前に山積みになったイチゴが
見る見るうちに売れていきます。 新鮮ジュースも最高に美味い!!


===================


復興需要に沸く仙台。
甚大な被害にあった沿岸部との経済格差は広がるばかりだそうです。

今回のミッションでは、秋田の工務店の方ともお話できました。
今時期に建築する建物は、コストが大幅に増えているとのコト

最大の原因は、人件費と資材の値上げ。
今まで日当2.5万円程度の人件費が、倍の5万円程度に値上げになっているそうです。

その上大工さんは全て仙台に奪われて
仙台以外の建築関連の人員は慢性的な人手不足。

あと、鉄材の値上げも激しいらしい。


このブログでも何度か取り上げているTPP

もしTPPで、建築業界に外資が入り、
地元の建築業者が潰れることになったら、災害起きた時大変。

今回の震災でも、被災地に自衛隊が入る前に
がれきの事前処理をしたのが、地元工務店の方々。

万が一TPPにより、既存の建築業者が外資に食われて、
地元企業が無くなった場合を想定

外資の奴らは、震災になったら真っ先に逃げ出すのは、すでに実証ずみ。
ライフライン的役割を持つ、小売も全て逃げやがったし。


復興という面でいうと、まず地域間の格差を無くすこと。
それには国の介入が絶対条件。復興国債をじゃぶじゃぶでOKのはず。

じゃないと、仙台以外の被災地、
特に北関東の復興は大幅に遅れたままになる。


あと、日本の職人を大切にすること。
やはり、国が介入して公共事業を安定的に供給することが大事。

道路や信号もかなり傷んできてるし、
不要と思われていた高速道路も、万一の際の生命線になることも立証できたし。



と・・



そんなことを考えて国分町をふらふら


思っていたよりずっと寒かった仙台。
危うく風邪をひくところでした。
by musakuni | 2012-03-27 18:35 | | Comments(0)