人気ブログランキング |

六三四の柔術日記 bjjjam.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

次は運動編。

練習量自体は激減。
格闘技的には過去最低レベルの練習量でした。

でも、その分集中して練習できたとも思います。
そして、結果的には俺史上最高の結果を残せた年となりました。

アマチュア修斗 戦績
・北海道フレッシュマン フェザー級 優勝
・北海道ストライキング バンタム級 優勝
・北海道グラップリング バンタム級 準優勝

ブラジリアン柔術
・茶帯昇格


試合後、練習量は更に激減。
新年度はテコ入れを行い、茶帯として恥ずかしくない技量を身につけたいと思います。



総運動日数:223日(前年比 100%)


柔術  : 30回 (前年比 67%)
グラ  : 36回 (前年比 129%)
   
修斗  : 22回 (前年比 79%)
打撃  : 28回 (前年比 82%)


柔術スパー: 128本
グラスパー: 161本
打撃スパー: 137本
総合スパー:  80本


スポクラ : 93回 (前年比 92%)

エアロ  : 50本 
ウエイト : 40回


この先、娘の成長やうまくいけば第二子の出産。
また、仕事の状況などいろんな変化が出てくると思います。

でも、格闘技は俺の大事なバックボーン。
これ無しでは、生活も仕事もうまく回りません。

自分にとって大事なものは何か?
少ない時間で優先順位をつけて、何より自分自身後悔しない生き方をしたいと思います。
by musakuni | 2010-12-31 21:48 | 格闘技 | Comments(0)
2010年も今日で終了。
今年は本当に色んなコトがありました。


まずは生活&仕事面から


何よりも大きかったのが、娘の誕生。
俺の生涯で一番の嬉しい出来事でした。

おかげで、家庭内も充実。生活に潤いが出てきました。
ケーキも手作りしてもらったし。



仕事もまずまず順調。一応昇進もできたし。

数値目標も部署内トップでクリア! 
いろんな取引先様から助けてもらいました。

あと、とりあえず自分の業界内では
日本一の仕事ができているという変な自負もあります。

ここいらで今の仕事はひと段落しても良いかな?

年内に次のステップに行く確定は無かったけど、
来年は今までとは一味違う仕事ができそうです。


c0017046_20122348.jpg

by musakuni | 2010-12-31 20:13 | 生活話 | Comments(0)

運動納め

稽古納めがキッチリできなかったので、
せめて運動納め!ってわけでスポクラへ

久しぶりのスタジオプログラム。メニューはボディコンバット。
一応格闘技系プログラムなので、稽古納め的な意味合いも含めてw

久しぶりにスポクラに行って、
風呂後、パウダールームに座った自分を見てガクゼン。


パンツに腹の肉(余った皮?)が乗ってます。

いやいや、男としてこれはいかんでしょ!
新年度は強い意志を持って、毎日運動します。


誰が何と言っても運動します。


まぁ、誰も何も言わんけど
by musakuni | 2010-12-31 19:07 | ジム・運動 | Comments(0)

地元LOVE 

何しろ、新婚時代2年間と仙台で3年間過ごした以外は
物心ついた時から屯田でずっと暮らしてる俺。


生粋の屯田っ子w
当然、地元LOVE


そんな屯田には、美味しいスイーツの店が3店あります。


・手作りドーナツ アゾル
 ⇒ 激旨ドーナツ
・ハッピーマフィンプロジェクト
  ⇒ マフィンとクレープの店。素朴でシミジミ旨い
・パティスリーレシピ
  ⇒ ケーキの店 なぜ屯田?って位センス良くて美味しい。


このお店、どこもオススメ。そして、どの店の場所も分かりずらいw
隠れた名店って感じが、地元民には嬉しい。


そして大みそか。
最後の外食は、やはり地元のラーメン屋さん「めんぞう屯田店」
メニューは「屯田みそラーメン!」


地元LOVE!
by musakuni | 2010-12-31 14:56 | 外食日記 | Comments(0)

でも・・

仕事納めは明日だけど、練習納めをキチッとできなかったのは無念。
せめて、練習始めはキッチリやりたい・・

にしても、最近はトレーニングも含めて全然練習できてない。
計画が甘いのか、意思が弱いのか。

スポクラの閉館時間が24時
んで、カラダが空くのが23時30分。さすがに間に合わない。
早朝スポクラって手もあるけど、正直シンドイ。寝る時間無くなるし。

ここ一か月以上、週の練習・運動は1回あるかないか。
カラダの充実感が無いと、ココロが死んでいく。

今は仕事を頑張らなくちゃいけない時期。
だからこそ、カラダを鍛えてココロを充実させなくてはいけない。

毎晩訪れる「今日も自分に対する投資が出来なかった」という自己嫌悪。
イヤな思いは、今年のうちに取り去りたい。


といいつつ、本だけはなんとか読んでるけどね。
by musakuni | 2010-12-30 00:06 | 格闘技 | Comments(0)

明日は仕事納め

さて、明日は仕事納め。

今年の終わりに、自分にとって凄いサプライズがあったけど、
具体的なカタチになるのは、もうちょっと先かな?

それまでは、目の前の仕事に全力投球するべし!打つべし!

来年も今年同様、実直かつ遊び半分に
関わった人に喜んでもらえる仕事をしていきたいと思います。

遊ぶように仕事して、人に喜んでもらう。
多少はムカツクこともあるけど、それ以上に嬉しいコトを増やせばOK

明日の仕事納めは、1年を振り返りながら、
来年度の部署運営に関する設計図と資料を作ります。
by musakuni | 2010-12-29 20:53 | 仕事話 | Comments(0)

道場大忘年会 

日曜は道場の大忘年会 兼 帯昇格会
おかげさまで、正式に茶帯を巻かせていただくこととなりました。

かなり嬉しい茶帯。
でも、まだまだ実力には見合っていません。

まずは思考から改革。
今まで過ごしていた「紫色」から、思考レベルをワンランクアップして
「茶色」の思考レベルに移行します。



思いの種を蒔き、行動を刈り取り、行動の種を蒔いて習慣を刈り取る。
習慣の種を蒔き、人格を刈り取り、人格の種を蒔いて、人生を刈り取る。
--サムエル・スマイルス



まぁ、アレだ、要はこういうコトなんだ。


「思考は現実化する!」
ってコトなんだ。


この言葉のチカラを借りて、
帯色に負けない実力を身につけたいと思います。



ちなみに、帯昇格の儀式で避けて通れない「帯叩き」

上半身裸になって、帯でぶったたかれまくるという、
普通の人が見たらぽかーんとなるコト請け合いの珍妙儀式。

深夜2時頃、カラダがヒリヒリして目が覚めました。
今現在も、日焼け後のようなヒリヒリ感が続いていますw
by musakuni | 2010-12-27 19:00 | 格闘技 | Comments(2)

週末グラップラー

土曜は週末グラップラー。

参加人数は4人と若干少なめながらも、
近い体重のメンバーが多かったので、いろいろ試せる練習となりました。

ここ最近の練習頻度は、週に1回~2回程度。
寝技×1 打撃×1って感じと、補助トレは自宅ストレッチのみ。

腕力を向上させるような練習は全然していないので、
逆に相手のチカラを利用する技を重視してスパーしました。

c0017046_15392429.jpg
多用したのは、
相手にバックを取らせてからの
ポジション取り。




主なパターンは2つ
① 背中に乗った相手を前に落としてサイド又は上四方を取る
② バックを取った相手が、背中つけて仰向けになった所から脱出してサイドを取る

ポジションを入れ替えた直後は、一気に有利になるので
間髪入れず腕なり足なりを取って、極めに移行する。
相手に考える時間を与えないのがポイントだと思います。


こういうカウンターの技術が上がれば、
将来的に筋力が落ちても、若い選手に対しても対応できるんじゃないか?と
密かに企んでます。


ブログに書いてる時点で、全然「密か」じゃないけど。
by musakuni | 2010-12-26 15:52 | 格闘技 | Comments(0)
上位陣変わらず。
8~9月に劇場公開された作品が、そろそろDVDになってきました。

この後上映された作品群を見ても、トップ3に変化は無さそうかな?

1位   アバター
2位   告白
3位   第9地区
4位   ゴールデンスランバー
5位   息もできない
6位   すべては彼女のために
7位   過速スキャンダル
8位   オーケストラ! 
9位   ジャックメスリーヌ 1&2
10位  台北に舞う雪
11位  半分の月がのぼる空
12位  イングロリアス・バスターズ
13位  ローラーガールズ・ダイアリー
14位  サバイバル・オブ・ザ・デッド
15位  ハングオーバー・史上最大の二日酔い
16位  サロゲート
17位  ソルト
18位  プレシャス
19位  運命のボタン
20位  インビクタス 負けざる者たち
21位  ニンジャアサシン
22位  ミレニアム ドラゴンタトゥーの女
23位  バウンティーハンター
24位  17歳の肖像
25位  しあわせの隠れ場所
26位  SATC 2
27位  マイレージ、マイライフ
28位  ハートロッカー
29位  バレンタインデー
30位  キャピタリズム マネーは踊る


30位以下は割愛してます。
by musakuni | 2010-12-25 09:19 | 映像 | Comments(0)

そこは大人の学校

道場ってのは、ある意味「大人の学校」かな?と思っています。
義務教育を終えた大人が、自分が「やる」と決めて取り組む。

例えば、子供や部下に「自分で決めたことだから、ちゃんとやれ!」
と言うことはあっても、ある程度の年齢になったら
誰からもそういうことは言われなくなります。

おっかないのが、ダラダラと自分が過ごしやすいやり方をし続け
何の進歩も成長もなく、誰からの尊敬も得ないまま死んでいくコト。

こういう生き方に陥らない為に、
大人の男は「自分に厳しくなれる場」を持つ必要があると思います。


そんな場として最適なのが「道場」
紀元前から大人の社交場としての役割も併せ持っていました。


今更感一杯だけど、そもそもパラエストラとは・・
以下、パラ東のHPより転載


1997年12月1日、中井祐樹は自らの理想を追求するために、修斗とブラジリアン柔術の道場を開設されました。名付けて“パラエストラ-PARAESTRA”。開設以前からの協力者である番頭・若林太郎によって命名されたその名称は、古代ギリシャ時代にパンクラチオンやレスリングの選手を育てていた格闘技学校に由来します。資料によれば、当時のパラエストラは以下のようなものであったようです。

 『前六世紀からローマ帝国の末期まで、普通、どの市にも最低一つはパレストラがあった。個人の所有であることが多く、利用するには会員になる必要があった。練習の場所であるばかりでなく、一種の社交場でもあった。(中略)古代ギリシャ人はレスリングやボクシングを楽しみ、そのあとにゴシップに花を咲かせたり、知的な会話を楽しんだのであろう。』



洋の東西を問わず、武道や格闘技ってのは
世間一般で思われているよりも、ずっと知的な趣味。

今までできなかった技が出来た!とかスパーで極めることが出来た!など、
道場での小さな成功体験の積み重ねは、自信の形成につながっていき、
格闘技術の向上だけでなく、生き方そのものも肯定的で素晴らしいものに変化させます。


自分が「やる」と思って始めたことを
自分が「やった」と思えるまで取り組む。



短期、中期、長期的な目標を持って、その達成に向けて、黙々と取り組む。
道場は「自分で自分を信じる力」を身につけるのに、最適な場所だと思います。
by musakuni | 2010-12-24 18:36 | 格闘技 | Comments(0)