人気ブログランキング |

六三四の柔術日記 bjjjam.exblog.jp

タグ:試合 ( 211 ) タグの人気記事

c0017046_17262932.jpg


札幌市民大会 マスターズ参戦。
昨年は2回勝った後、決勝で負けて準優勝。

昨年の決勝での判定は、賛否両論あったので、
ポイントでは負けたかもしれないが、勝負では負けてないと思っている。

それを踏まえた上での今大会。

練習量は毎年最低記録を更新し続けている中、
できるだけ伝統空手のポイントゲームに即した練習をしてきた。

当初は動かない右腕の活用も考えていたが、
下手に使うと、その後の動きが完全に止まってしまうので、
ジオングよろしく、「右腕は飾りですよ」モードで、相変わらずの蹴り一本勝負。

でも、残念ながら初戦敗退。
しかも一方的な完敗だった。

c0017046_1733613.jpg


初戦敗退とはいえ、シードだったので、
一回も勝ってないけど、結果的には3位となった。

道場の子供たちとの記念撮影も恥ずかしい。
まぁ、罰ゲームみたいなもんだなw


---

学生時代にやっていた空手に対する俺のスタンスは、
アマチュア総合格闘技を経験した上の、異種格闘技戦。

空手や柔道、ボクシングやレスリングなどの各種格闘技から、
総合格闘技のルールに挑むケースは多いと思うけど、
総合格闘技から、各種格闘技のルールに挑むケースはあまり多くはないと思う。

各種格闘技のルールは、独自進化を続けながら発展している。
仮にそれが「実戦」という観点から見て、不合理だったとしても、当然ルールとして尊重される。

伝統空手の試合に出て4年目になる今年。

今までのように修斗やキックなどの打撃系練習を全く行わなくなったこともあり、
改めて、伝統空手のルールに即した練習を中心に取り組んできた。
といっても、内容は打ち込みが中心で、スパーリングはほとんどやらなかった。

完全に甘かった。

マスターズに出場している選手は、ほぼ全員どこかの道場の指導者。
こんな姿勢で、勝てるはずがない。

だからといって、審判にポイントを取ってもらう事に重点をおいた伝統空手の練習を、
必要以上にやり込むつもりもない。

毎年毎年、なんだかんだで試合に出ていたけど、
とりあえず、この辺で一段落するタイミングだな。と感じた一日だった。


---
これまでの主要戦績

2004 コパパレストラノース  白帯Aプルーマ 準優勝
2005 コパパレストラ東北   青帯Mプルーマ 準優勝
2005 TJN2005      青帯Aプルーマ 準優勝
2006 NOGI 東北大会   プルーマ級   3位
2006 コパパレストラ東北   青帯Mプルーマ 優勝
2006 TJN2006      青帯Mプルーマ 優勝
2007 修斗東北フレッシュマン フェザー級   3位
2007 コパパラエストラノース  青帯Aプルーマ 準優勝
2010 修斗北海道フレッシュマン フェザー級  優勝
2010 修斗グラップリング北海道 バンタム級  準優勝
2010 修斗ストライキング北海道 バンタム級  優勝
2011 修斗グラップリング北海道 フェザー級  優勝
2012 KAMINARIMON 60kg級 Bクラス 1勝1敗
2013 空手 北海道新聞杯 一般組手の部 優勝
2014 空手 札幌市民大会 北区予選 一般組手の部 優勝
2015 空手 札幌市民大会 マスターズ 準優勝
2016 空手 札幌市民大会 マスターズ 3位


---

空手の試合出ていつも思うのは、
運営していだたく空手道連盟と補助役員の皆様への感謝。

自分が学生の頃からお世話になっている先生や、
同じ時代を過ごした選手のみんなが、大会を安全に運営してくれるうえ、
今回は高校生の補助役員のサポートもありました。

お忙しい中貴重な休日を使い、
様々な大会を開催していただく事に、改めて感謝いたします。
by musakuni | 2016-09-22 17:24 | 格闘技 | Comments(0)
c0017046_1732619.jpg

c0017046_173333.jpg

c0017046_1734820.jpg


アマチュア修斗北海道選手権。
例によって、撮影係での参加。

c0017046_1771093.jpg


試合後、昨年の全日本優勝者と、
準優勝ながらも実質優勝者による挨拶。

試合数は少なかったけど、
凄い試合もあったりして、やっぱアマ修は全体的にレベル高いと再認識した。

c0017046_17101741.jpg


撮影後はスープカレー。相変わらず美味い!
by musakuni | 2016-07-10 12:01 | 格闘技 | Comments(0)
空手の札幌市民大会マスターズに参戦。

しばらくは、年に2回程度の近場で行われる、
マスターズに参加しようと考えてる。

c0017046_1441977.jpg


今回の秘密兵器は、使い捨てコンタクト。

アマ修斗やアマキックなど、実際に顔面を殴り合う競技では、
目へのダメージを考慮して、使う事を考えていなかったアイテム。

視力は0.1を切ってるので、ぶっちゃけ全く見えない。
遠間にいるか、近間では攻撃を喰らう事を覚悟するかどちらか。

空手では、メンホーというスーパーセーフ的な防具をつけるので、
顔面に直接攻撃が当たる事は無い。だからコンタクトを着用することにした。


c0017046_1443586.jpg


一回戦。

最初に上段突きで先行されたけど、
上段裏回しで、ポイント勝ち。

対戦相手はカラダが強そうな印象。
俺、右腕が機能してないから、蹴りにかけるしかない。

c0017046_1444870.jpg


二回戦。

各種蹴りでポイント勝ち。
対戦相手の中段蹴りで、この試合で一番ダメージを受けた。

ポイント的には差がついたが、一番ダメージが残った。

c0017046_1445825.jpg


決勝。

シーソーゲームの末、1ポイント差で負けている。
ラスト一秒で上段回し蹴りが相手の防具にかすめた。

微妙な判定のまま、試合終了。
終了後、審判団で再審査が入り試合再開となった。

再開時間、ラスト1秒。さすがに時間が足りない。
けど、ポイント制なので十分逆転できる。

ジャンピングハイキックで逆転を図るも、ポイントに届かず。
残念ながら負けてしまった。

c0017046_1451032.jpg


結局、準優勝。


正直、40歳以上なら何の練習もしなくても、どうにかなると思ってた。
けど、そう甘くない。

---
今回及び今後の反省点。

・目が見えることと、パンチを避けることは全然意味が違う
  今まで見えない事が当たり前だったので、
  突然見えるようになっても、カラダが反応しない。

・相手がみんな強かった
  そもそも大人になってから空手を始めて、試合に出る人なんて皆無。
  みんな、空手歴20年以上が当たり前で、いろんな道場の指導者ばかり。
  
  スタミナや殴り合い的技術で負ける気はしないが、
  試合に勝つ技術では、圧倒的に対戦相手が上だった。
  だいたい、俺ルール自体も微妙。

・根本的にカラダの使い方が違う。
  とにかく「先」に当てることが優先される伝統空手ルール。
  ボクシング的な殴り方は、足腰固めてから手を出すけど、
  伝統空手は、先に手を出してから、足を動かす風の動き方が多い。

  この点、カラダの使い方の変更が必要、
  理想は使い分けできれば良いんだけど。

  MMA的に考えると、KIDやウイッキー当たりの殴り方が近いかな?
  考え方によっては、伝統空手とMMAで技術交流できるトコはまだまだある。

---  
  
また、来年も区大会と市民大会に出ようと思う。
いつか、子供たちと一緒の大会に出れれば最高だ。 

c0017046_14412078.jpg


寸止め前提の伝統空手とはいえ、
蹴りは思いっきり蹴ってる。むしろ、中段では相手を削る気持ちで蹴ってる。

当然スネにキズができる。
年とってくると、外傷の治りは遅くなってきた。
by musakuni | 2015-10-11 13:03 | 格闘技 | Comments(0)
2年弱、腕が動かない状態が続いてるので、さすがに病院に来てみた。

お医者さんもちょっとビックリ的な筋力の無さ。
カルテに「著明」って単語が何度も出てきた。まぁ明らかな異常なんだろう。

レントゲンで確認したら、既に該当神経が死んでしまっている可能性が高く、
治療しても回復しないから、そのままにしておくしかないとのコト。

まぁ、残念だけど仕方ない。

念の為MRI撮るけど、状況は変わらないんじゃないかな。

何年も選手として結構ハードな練習をしていた。
あの頃は休んでる時間がもったいなかった。

試合も結構出た。

成果としては、自分が本来持ってる運動能力の低さから考えると、
それなりに満足してる。

で、今思うのはスポーツでも格闘技でも、やり過ぎは良くないかもしれないってコト。
今は程よい強度で運動を楽しめるようになった。

これからも片腕使えなくてもできる運動を楽しもうと思う。
by musakuni | 2015-09-26 13:24 | 格闘技 | Comments(0)

アマ修斗 北海道選手権

c0017046_16192743.jpg

c0017046_16194226.jpg


アマチュア修斗北海道選手権。恒例の撮影係にて参加。
2週連続で、北区体育館w

c0017046_16204030.jpg


終了後は焼き肉で打ち上げ。
また、頑張るべし。
by musakuni | 2015-07-05 16:19 | 格闘技 | Comments(0)
今年から札幌の地区大会でも、
40歳以上のマスターズカテゴリーが新設されることになった。

じゃあ、北区体育館でやる北区大会に出てみるか!
ということで、対人組手練習はゼロ状態で参加w

c0017046_1585632.jpg


大会参加者は無料で入れるけど、あえて入場券を払い、
ボクシング室の使用権を確保。ここでアップする事にした。

で、サンドバッグを約10Rとシャドー空手を少々。
自分のスタミナを考えておらず、ここで完全に力尽きるww

--
【一回戦目】

相手は40歳。
大学空手部OBで、卒業後も定期的に練習を続けてる選手。

カラダも俺よりデカイし、ちょっとゴツイ。

まぁ、俺が小さいって話だけど、
こっちもそれなりに経験あるから、当たり負けはしない。

上段蹴りでポイント(3ポイント)先取。
このまま逃げ切るか・・と思っていたら、なんか試合時間が長く感じる。

タイム係が1分時間を間違えていたらしく、協議の上そのまま続行。
こうなったら、ダメ押しするしかない。

その後、突きでポイント2つ取られ、
追いつかれそうになったけど、また上段蹴りで引き離す。
(突きは1ポイント 上段蹴りは3ポイントなので、蹴れる方が有利なのね)

このルールは9ポイント差がつかなければ、試合終了まで持ち込まれるルール。
最終的に、6-3でタイムアップ。

勝つには勝ったが、午前中のキック自主連とこの試合で、
完全に燃え尽きた感じ。


---
【決勝戦】

二試合目は決勝戦。同じ年で何度か対戦経験あり。
道場の人が撮影してくれてた。感謝!

c0017046_15341464.jpg


最初、いきなり上段蹴りでポイント取られる。(青/右が俺)
頭吹っ飛んだかと思い、結構焦ったw

その後上段裏回し蹴りで、同点に追いつく。

c0017046_15212725.jpg


前蹴りでゆさぶる。
寸止めとはいえ、ボディーに対してはコンタクトOK。
痛い攻撃は、相手のスタミナを奪うのに効果的。

c0017046_15225080.jpg


ボディを意識させて、また上段裏回し蹴り。

ハッキリ言って、当たっても全然効かない蹴りだけど、
死角から蹴るので、ハイキックよりもずっと当たりやすい。

c0017046_15244659.jpg


上段に意識させた後は、中段の回し蹴り。というかミドルキック。
中段の蹴りは、2ポイント

c0017046_15255943.jpg


11-3で優勝。
確かに疲れはあったけど、割と蹴りは走ってたと思う。

去年は、試合中腕が動かなくなる&朝から酷い下痢など
体調最悪だったけど、今年は運動不足ながらも現時点でのベストを出せたと思う。

対戦相手のみんな、ありがとう。
この先も名勝負数え唄を続けていきましょう。


c0017046_15292061.jpg


やっぱ賞状とメダルは嬉しいね。メダルは速攻で娘のおもちゃw


c0017046_15311096.jpg


生の足で、プラスチックの顔面防具を蹴るから、
いつも足を怪我する。今回は爪がちょっと割れたw


俺にとって、空手の試合は悲壮感無く出れる、「草野球」的な感じ。
こういう気楽さで、これからも格闘技に関わっていきたい。
by musakuni | 2015-06-28 15:06 | 格闘技 | Comments(0)
今年から右腕が動かなくなった。
恐らく、過去に経験した中で最も重大なトラブル

仕方ないことだけど、
モチベーションはすっかり無くなったw

運動といっても、自宅でのストレッチなど極軽い運動のみ。
それを含めた、2014年の記録

---
合計運動日数 185日


 柔術   :  7回
 No-Gi :  3回  
 修斗   :  5回 
   ⇒ 上記練習は右腕動かなくなった後は、ゼロ
      ぶっちゃけ、選手としては終わったと思う。
 
 打撃   : 46回   
 空手   : 12回   
   ⇒  なんとかできる格闘技は、キックだけ。
      左だけに特化したスタイルで、技術的には微進。

---      
2014年 試合戦績

・空手 3勝0敗
 ⇒ 札幌市民大会 北区予選 一般組手の部 優勝

 この試合時、すでに腕が動かない状態。
 決勝では完全に腕が動かず、棄権も考えたほど。
 左の裏回し蹴りしか使える武器が無かった。

------

これまでの主要戦績

2004 コパパレストラノース   白帯Aプルーマ 準優勝
2005 コパパレストラ東北    青帯Mプルーマ 準優勝
2005 TJN2005      青帯Aプルーマ 準優勝
2006 NOGI 東北大会    プルーマ級   3位
2006 コパパレストラ東北    青帯Mプルーマ 優勝
2006 TJN2006      青帯Mプルーマ 優勝
2007 修斗東北フレッシュマン  フェザー級   3位
2007 コパパラレストラノース  青帯Aプルーマ 準優勝
2010 修斗北海道フレッシュマン フェザー級   優勝
2010 修斗グラップリング北海道 バンタム級   準優勝
2010 修斗ストライキング北海道 バンタム級   優勝
2011 修斗グラップリング北海道 フェザー級   優勝
2012 KAMINARIMON 60kgBクラス 1勝1敗
2013 空手 北海道新聞杯 一般組手の部 優勝
2014 空手 札幌市民大会 北区予選 一般組手の部 優勝
by musakuni | 2014-12-31 20:18 | 格闘技 | Comments(0)

アマ修斗 北海道選手権

c0017046_2135332.jpg


第八回 アマチュア修斗北海道権。
例によって、撮影係での参加。

選手として会場にいる時は気にならないけど、
スタッフや観客として会場にいるときは、周りの人全員怖く見えるねw


c0017046_21362741.jpg



撮影ポジションで悩んだけど、結局花道から撮影することに。


c0017046_23485545.jpg



石澤美鬼撮影の写真。
サブレフリー石澤大介の後頭部越しに撮影する六三四w

---

北海道で行われた「修斗」と名の付くトーナメント。
とりあえずここまで3つの大会で優勝した事があります。

 ・アマ修斗 北海道フレッシュマントーナメント
 ・修斗グラップリング 北海道選手権
 ・修斗ストライキング 北海道選手権


あと取った事の無いタイトルは、アマ修斗北海道選手権のみ。
ちなみに、2年後は第十回大会というメモリアル。

このカラダの状況ででかい事は言えないけど、
是非第十回大会には参加して、最年長での優勝を狙いたいと考えています。


最近はいろんな大会があるけど、アマチュアシューターのハシクレとして、
それなりの意地を持ち続けたいとの考えは変わっていません。
by musakuni | 2014-07-06 21:34 | 格闘技 | Comments(0)

空手の区大会に出場

c0017046_18582412.jpg


一年ぶりに空手の大会にエントリー。
全市大会につながる、札幌の区予選。

ちなみに去年は一回戦負けw 
一個もポイント取れず。その上イキオイで膝蹴り出しちゃったし。


それにしても、今回はマジで棄権を考えました。
右腕全然動かないし、当日のお腹の調子最悪だったし。

なによりお腹の調子が悪いのが大問題。
試合点呼ギリギリまで自宅で休養して、様子見。

とりあえず会場行って、同門対決だったら棄権しよう!
と思ってたら、一回戦目が初対決の人。

これ、棄権は失礼だな・・
てなわけで、出場。

こんな状態ではポイントになる突きも出せず、
アップもほぼゼロ状態だったので、蹴りのスピードも乗らない。

ぶっちゃけ、ギリギリの戦い。
有効打を取る可能性のある技は、上段裏回し蹴りのみ。

c0017046_18585027.jpg



これにかけて、なんとか3戦3勝!
優勝できました。

決して褒められる戦いじゃないけど、結果は素直に嬉しい。
道場の子供たちや保護者の人も喜んでくれたし。

俺の優勝も含め、小学一年男女から一般男女まで、
1カテゴリーの準優勝を除き、全てナンポの道場が制覇。

札幌で一番の空手道場を目指して、これからも爆進です!

c0017046_21335769.jpg


突きを「引く力」が無いので、
伝統空手なのに当てっぱなしの攻撃で拳から流血w


c0017046_2134473.jpg


まぐれの上段裏回し蹴りだけが有効打だったとはいえ、
いきなり大技出して当たる訳も無く、基本的にはミドルキックを蹴りまくる作戦。

伝統空手のスナップを効かせた「中段回し蹴り」はできず、
キック式の「ミドルキック」での組み立て。当然ポイントにはならず。

生足で蹴りまくったので、スネも痛くなりましたw
by musakuni | 2014-06-29 21:31 | 格闘技 | Comments(0)
思うトコはいろいろあるけど、まぁ今年は仕方ないw
キャリア開始以来、最も運動量が少ない年になりました。

自主連として、公園で懸垂するとか、
家でストレッチや体幹トレするとか、そんな程度の運動量w


合計運動日数 206日


 柔術   : 12回
 No-Gi :  8回  
 打撃   : 14回   
 空手   : 28回   
 体育館  :  7回
 自主連  :136回


今年大きな変化があったのが、空手への取り組み。
何かとしがらみが多い世界を、一気にブレイクスルー

「大人空手部」としての活動の中で、
自分の格闘技道の原点に戻れた一年でした。


2013年 試合戦績

・空手 2勝1敗
 ⇒ 北海道新聞杯 一般組手の部 優勝

c0017046_22131210.jpg


------

これまでの主要戦績

2004 コパパレストラノース   白帯Aプルーマ 準優勝
2005 コパパレストラ東北    青帯Mプルーマ 準優勝
2005 TJN2005      青帯Aプルーマ 準優勝
2006 NOGI 東北大会    プルーマ級   3位
2006 コパパレストラ東北    青帯Mプルーマ 優勝
2006 TJN2006      青帯Mプルーマ 優勝
2007 修斗東北フレッシュマン  フェザー級   3位
2007 コパパラレストラノース  青帯Aプルーマ 準優勝
2010 修斗北海道フレッシュマン フェザー級   優勝
2010 修斗グラップリング北海道 バンタム級   準優勝
2010 修斗ストライキング北海道 バンタム級   優勝
2011 修斗グラップリング北海道 フェザー級   優勝
2012 KAMINARIMON 60kgBクラス 1勝1敗
2013 空手 北海道新聞杯 一般の部 優勝
by musakuni | 2013-12-31 22:20 | 格闘技 | Comments(0)